Rumiglass Life

気ままなヒトリゴト☆ 日々イロイロ感じて・・・
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< キャンドルの灯り☆゛ | main | クシュンッ! ×100回 >>

「小鳥のさえずり」絵皿♪

0
    数年前から興味を持っていたパウダーフュージング技法。

    水吉郁子先生の教室に通い始め、現在勉強しています。


    そして初めてのお皿作りに挑戦しました。


    初作品「小鳥のさえずり」絵皿♪


    カラフルな水玉模様に、小鳥のイラストで可愛らしい雰囲気にしました。
    かなり私好みに・・・ウフッ♪

    縁のナミナミが特徴で、
    テーブルに映り込む影が綺麗で気に入っています♪






    初作品なので、小鳥の色があまり目立たなかったりと反省点がいくつかありますがf(^_^)
    これから、少しずす勉強していきたいと思いますp(^-^)q



    では早速

    サラダをのせて、使ってみますね〜〜〜〜ヾ(〃^∇^)o♪


    -------------------------------------------------------


    水吉郁子先生の作品や教室について紹介しているサイトです。
    先生の作品はホントに素晴らしいですよ☆゛

    【ガラスギャラリーYUKO】
    http://www.glasscom.com/yuko/


    フュージング | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

    この記事に対するコメント

    アルバさん、こんにちは〜♪
    もう体調は良くなりましたか?

    コメントありがとうございました!!
    さすが、 アルバさん!
    早速、フュージングについて調べたとは、
    アルバさんの勉強熱心さが伝わってきました(*^-^*)

    >特に立体ともなると、熱源からの照射距離によって膨張率が違って
    >来たりとかあって、その辺の計算が必要になって来るのでは…?

    フュージングについては、まだまだ理解が浅く、試行錯誤してます。
    温度調節や、アルバさんのおっしゃる熱源からの照射距離によっても熱の伝わり方が変わってくるので、やっぱり難しいですね。きっと、計算でだいたいの事がわかるんだと思いますが、
    私はまだまだ・・・f(^O^;
    ほぽ、感覚でやってます(笑)

    あと、ガラスの膨張率。
    メーカーごとに、同じ膨張率のガラスが出てるんですよ。だから、同じメーカーどうしのガラスであれば、ほぼ問題ないのですが、違うメーカーどうしだと割れてしまうので、組み合わせられるガラスや色が限られてしまい不便を感じてます。

    アルバさんは、バーナーワークの経験があるんですね !
    ガスバーナーで、ガラスを好きな形に変形できる面白さには私も興味があり、いつかやってみたいなぁと思ってるんですよ。風船とかも作ってみたいなー♪ 

    >それとガラスって融点が存在しないから、
    >物理学上液体なのか固体なのか区別出来ないん
    >ですってね?不思議…(・・?

    ほんとガラスって不思議ですよね〜。
    確かに、一定の融点が存在しないんですよね。
    個化状態→弾性→粘性状態→流体状態とゆっくり変化する様は、他の物質と比べてとても特殊ですよね。
    そして、一応、液体と区別されているみたいですね。
    「"固体の顔をした液体"と、考えて下さい。」
    と、以前ガラス作家さんがおっしゃっていて、ちょっと、
    ガラスのひねくれた性格っぽくて笑えました。
    あと、ホントに液体なんだ〜と感じたのが、
    2〜3cmぐらいの厚さのガラスをハンマーで叩いて割ると、水滴が落ちたときに水面に波紋が円を描いて広がりますが、あんな感じに割れるんです。その割れ方がとても綺麗で好きなんですよ☆゛

    液体or固体つながりで、イクラが嫌いってのには
    笑えました〜o(≧∇≦o) 
    私はあのプチプチが好きなんですけどね♪


    アルバさん、
    今年もまた色々なお話ができるのを楽しみにしてますね〜!!

    こちらこそ、今年も宜しくお願いしま〜すヾ(@^▽^@)ノ

    Rumi | 2006/01/25 3:48 PM
    Rumiさん、お久しぶりです。
    正月は風邪引かれたみたいですが、もう大丈夫ですか?
    実は私も正月調子悪かったので、新年の挨拶が出来ませんでした。
    遅ればせながら、今年もよろしくお願いします。

    また可愛い作品が出来上がりましたね?
    Rumiさんの作品はどれも素敵なんですが、明るい色合いで可愛い模様、優しい感じのする形…とでも言うんでしょうか、この手の作品が一番Rumiさんらしく思えて大好きなんです。

    フュージング技法…初めて聞いたのでネットで調べてみました。確かに説明だけ聞いていると面白そうですが、実際やってみると難しんでしょうね。
    特に立体ともなると、熱源からの照射距離によって膨張率が違って来たりとかあって、その辺の計算が必要になって来るのでは…?

    私高校生の時、実習でガラス管をガスバーナーで熱して曲げたり、引っ張って細くしたり、風船作ったりしたことはあるの(^^♪
    半分遊びみたいな実習だったから面白かったけど、芸術はそう簡単には行かないですよね。

    それとガラスって融点が存在しないから、物理学上液体なのか固体なのか区別出来ないんですってね?不思議…(・・?
    あと私イクラが嫌いなんですが、液体なのか固体なのかよく分かんないとこがイヤ!…でもガラスとは関係ないか…m(__)m
    アルバ | 2006/01/24 1:37 AM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    この記事に対するトラックバック