Rumiglass Life

気ままなヒトリゴト☆ 日々イロイロ感じて・・・
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『 窯 』 | main | フュージング準備 >>

コパーテープ巻き 終了!!

0
    コパーテープ(銅のテープ)巻きが終わりました。
    ぐんと輪郭線がハッキリ出て、蓮の花が浮かび上がってきました!!
    テープが銅色のため、今の段階ではちょっとギラギラして
    うるさい感じがしますが、これからの行程で落ち着いてきますからね。

    ¥3¥?1/4¥?1/4¥?¬?-1/2?λ

    ガラスピースの周りに、このコパーテープを巻き付けることによって、この部分にハンダがのり、ガラスとガラスがくっつくというわけなんです。ガラスには直接ハンダが付かないですからね。
    これを考え出した人は凄い人です。

    こんな感じで巻き付けていきます。
    テープを押しつけるのにはヘラを使います。
    ¥?1/4¥?δ¬?-?

    コパーテープはこんな感じで、色々な太さがあり、接着面の色は銅色、黒、銀色があります。
    ¥3¥?1/4¥?1/4¥? class=

    テープはガラスの厚さやデザイン、ガラスの色などによって色々と使い分けていきます。

    例えば今回のランプは・・・

    ●テープの太さ
    大きい蓮の花は、全体の中で一番強調したいのと、近くにある感じを
    表現したくて、少し太めのテープを巻。
    小さい蓮の花やつぼみは、遠くに咲いている感じを表現したいし、つぼみの繊細さを表現したくて、細めのテープを巻。
    水の部分は、背景なので水の流れがうるさくならないよう控えめにしたくて、細めのテープを巻。
    そして、全体のイメージ「池に浮かぶ蓮の花の繊細さ」を壊さないよう、全体的に細めのテープなんだけど、球というカタチなので強度に耐えられるよう細すぎない太さにする(どんな太さだよ!?って感じですが)・・・etc.

    ☆正直、微妙な違いなのですが、ラインに強弱があることによって作品に動きがでてきます。(と、思います(^◇^;)
     絵を描く感じですね。

    ●テープの接着面の色
    ピンク色のガラスには、銅色テープ
    白のガラス・水色のガラスには、銀色テープ
    葉の部分は暖色系の緑なので、銅色テープ

    例えばピンク色のガラスに黒色を巻いてしまうと、ガラスが全体的に黒っぽく見えてしまうんです。なので、暖色系の銅色にすると赤みのあるピンクに見えます。
    ちょっとしたことですが、結構重要です。

    ・・・結構、細かい部分にまでこだわってますね〜
    やりすぎ!?かもな・・・たぶん(● ̄∀ ̄)A゛

    ま、こだわらないよりはね・・・

    言わなきゃわからないようなこだわりですが
    こういった細部にまでこだわる気持ちを大切にしていきたいと思います☆゛



    早速これを工房の先生の所へチェックしてもらいに
    行ってきました!! (私の駆け込み寺です )
    私の師匠はいつも厳しく、そしてとても細かく色々と指導してくれます!!

    なんと!! いつもはかなりの厳しいチェックが入るのに、
    今回は良くできてると誉めて頂けました〜ヤッターーーー!!



    さあこれからハンダ付けだ・・・o( ̄へ ̄o)
    蓮の花ランプ | permalink | comments(6) | trackbacks(0)

    この記事に対するコメント

    chiakiさん、ありがとうございます〜(*^o^*)

    私も最初はジップロックでしたよ(笑)

    でも、あのプロ使用みたいなスタンドに憧れてしまい購入。
    最初は1種類しかなくてスカスカだったのですが(;^_^A
    今は入りきらないほどまでになってしまいました。
    けっこう便利ですよ!!
    スルスルスル〜って出てくるので♪
    Rumi | 2005/11/14 10:16 PM
    mixiにも書いたけど、つづき。

    テープの種類、色、太さ、私も分けますよ〜!
    私は太さはガラスの厚みにだけ考えてるだけですが(-_-;)。
    色は、銅色、シルバー、あと黒も。。。
    結局かなりの数になりますよね。
    しかも、テープはたまにしか使わないので、ジップロック保存。。。
    このスタンド、いつみても、買おうかどうしようか迷います(笑)!
    chiakiです! | 2005/11/14 1:39 AM
    あ、そうです。
    カッパーテープとも言います。(=^_^=)
    そちらが正しいのかもしれませんね。
    コパーテープって、たぶん日本人特有の読み方かもしれません。人によって言い方様々ですね。

    店長さん、完成までの過程を楽しみにしてて下さいね♪
    Rumi | 2005/11/13 12:08 AM
    なんか、欲しくなってしまいました。^^;真心が篭っていてとても暖かいランプになりますね。^^;
    あとコパテープってのは、カッパー(銅)テープのことですかね?
    イプログダイレクトの店長 | 2005/11/12 11:46 PM
    araさん、ありがとうございます!!

    ホント根気がないと出来ない作業ですね(;^_^A
    やりすぎて、「ぺんダコ」ならぬ、「へらダコ」がとうとう出来てしまいました(笑)

    制作を続けていくと、技術面だけでなく精神面も鍛えられていく感じです。修行僧のように(^o^;)

    完成した時の感動を味わいたくて泣き言いいながらもやっぱり作り続けてしまいます。
    Rumi | 2005/11/12 10:03 PM
    綺麗ですね。

    ガラス1枚1枚を銅のテープでくるんでるんですね。説明を読んでわかりました。

    銅のテープもいろいろで、根気入っているのがよくわかります。
    ara | 2005/11/12 12:01 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.rumiglass.com/trackback/142289
    この記事に対するトラックバック